葉酸とプテリジンの有効性について

葉酸は、プテリジン塩基に、パラアミノ安息香酸とグルタミン酸が結合した構造を持っているのが特徴です。
人間は体内で葉酸を合成できないので、それを含んだ食物を摂取して、体内に取り込まなければなりません。

 

鶏・牛・豚などのレバーや、ほうれん草やパセリなどの緑色野菜に多く含まれているので
工夫して料理すれば、体内に効率よく摂取することが出来ます。

 

しかし毎日の食卓に用意するのは難しいとお考えなら、市販のサプリメントを使うと良いでしょう。

 

葉酸は厚生労働省が妊娠を希望する女性に対し、1日400μgとるよう推奨している栄養素であり
健康な体に欠かせないビタミンB群のひとつです。

 

妊娠初期には大変重要な栄養素であり、妊娠前からしっかり摂取しておくことで
赤ちゃんの先天異常を防いだり、健やかな発育を助けることがわかっています。

 

サプリメントには葉酸だけでなく、カルシウムやビタミン、ミネラルなどが
バランスよく配合されていることが多いので、毎日飲むだけで、母体と胎児の健康に役立ちます。

 

食事として口にすると、必要以上に摂取したり、少なすぎる場合もありますから
いつでも安定した量を摂取出来るサプリメントを利用することをおすすめします。