葉酸には合成と天然がある!

妊娠期の必須サプリメントである葉酸には合成と天然があるのをご存知でしょうか?天然の植物などに含まれているのがポリグルタミン酸型、微生物などから合成されているのがモノグルタミン酸型の葉酸です。通常葉酸は野菜やフルーツ・レバーなどに多く含まれており、小腸でモノグルタミン酸として吸収され、利用されています。

 

しかしこれら食品中の大部分はポリグルタミン酸型として存在しており、モノグルタミン酸として消化吸収されるまでの代謝過程で減衰し、ポリグルタミン酸型の生体利用率は50%以下とみられています。また水溶性のビタミンB群の一種であるため、煮る・茹でるなどの調理過程での損失も受けやすい栄養素でもあります。

 

ですので葉酸を必要とされる方には、不安定な食品からの摂取ではなく、モノグルタミン型のサプリメントでの摂取が薦められています。市販のサプリメントは100%天然型(ポリグルタミン酸型)を謳うもの、モノグルタミン酸のみで構成されているもの、両方を採用して両者の良いとこ取りをしているものがありますが、妊婦さんであれば、モノグルタミン酸型か、モノグルタミン酸の必要量をカバーした両者の良いとこ取りサプリを選択する必要があります。